リノベーションとリフォーム

リノベーションとリフォームとの違いは、近年、境目があいまいになり混同されやすい言葉となっています。

どちらも住宅に手を加える点では同じなのですが、厳密にはその目的の部分で次のような違いがあります。

 

リフォームは「老朽化した建物を建築当初の性能に戻す事」を指し、建物を元の状態に戻す為の修復の意味合いが強いです。

古くなったキッチンを新しい物に変える事や、汚れた壁紙を張り替えるなど、小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。

 

リノベーションは、修復だけでなく「用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりする」行為も含む為、よりよく作り変えるという目的が含まれています。

間取りの変更や耐震、耐火、高気密など建物の構造も含めた比較的大がかりな工事になるものが多く、より良い環境で暮らすための工事をリノベーションと分類します。

リノベーションカテゴリーの記事