放射熱(輻射波)の動き

subbar_05[1]

炭火焼きは、遠赤外線加熱と同じ原理になります。ウナギを焼く時でも焼き鳥の時でも同じことが言えますが、炭火で焼くのと、ガス火で焼くのではどのように違うのでしょうか。ガス火では、対流による高温の熱のため、皮が黒焦げになる。炭火では対流熱もあるが、遠赤外線放射熱が多いので、芯部まで熱を通すことができて、うまく焼ける。

ウナギ屋の前を通るとウチワで扇いでいるのを見かけますが、あれはウナギのいい匂いを撒き散らして客を誘おうとしているのではなく、扇ぐことで余計な対流熱を吹き飛ばして遠赤外線放射熱で焼くためなのです。

subbar_06[1]

「クール暖」から放射される輻射波は、壁などに当たると「エネルギーの法則」によって必ず反射するか通過するか吸収されるか、屈折するか、いずれの現象を示します。

column_ph_03[1]

cooldanカテゴリーの記事